知人の訃報を知った時参列者ができることとは

知り合いの訃報の知らせとはいつも突然起こりうることです。

知人や友人に突然の不幸があった場合、一般参列者は何ができるのでしょうか。

■葬儀に参加できるのかを尋ねる

知人や友人に不幸があった際に、まず尋ねたいのが葬儀に参加することができるのかということです。

場合によって一般葬ではなく家族葬や直葬を行うこともあり、葬儀がないこともあり得ます。

その際には参加しないことの方が良い場合もあります。

また、深い落ち込みと動揺をしている遺族の方に対してはお悔やみの言葉をかけるとともに、優しく誠実に対応するようにしましょう。

葬儀の形式は宗教や宗派によって変わってくるため、あらかじめ確認しておくことで、焼香や献花の際に対応ができます。

《関連記事》葬儀の後の初七日法要は4割近くの人が葬儀の時に一緒に営む – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

■共通の知り合いへの訃報の通知

故人の遺族から訃報の通知を受けた際には、故人との共通の知人にお知らせをしていいのか尋ねましょう。

密葬で行うことにしているが、故人とあなたの関係が恋人や一番仲の良い友達であったために、あなただけに知らせてくれた可能性もあります。

そうした場合には手伝いを申し入れるとともに、葬儀がおわった後などに知らせるようにしましょう。

共通の友達に周知して良い場合には、葬儀を行う際には参列できるのかや場所や日時が決まっている際には情報を聞きます。

遺族は葬儀の会場確保や各種手続きに追われているため、他にも親交の深かった友人にお知らせをしてあげると親切です。

■香典に包む費用を用意する

故人との関係性によって費用は大きく変わってきますが、故人と関係が近いほど包む額は大きくなります。

急な出費で決して少ない額ではないため、無理のない範囲で用意をしましょう。